サスティナブルな世界へ 作品販売

ラッピングや梱包について

みなさん、こんにちは😊

Suuです。

 

先日の販売日はたくさんの方に

作品をお買い上げいただき

ありがとうございました💖

今日はマグネット、ブローチ、ピンバッジの

加工第一弾が済みました。

 

そして、Toast Clock Smallの梱包をしました。

文字盤が見えるように袋に丸窓を空けてみました。

 

梱包資材はできるだけ自然にやさしいもので

シンプルに

捨てる時に困らないように

と考えています。

 

紙袋は再生クラフト紙で手作り

リボンにしている紐はコットンと麻の混紡コード

ホッチキスは使用せず

針なしで留められる道具を使っています。

 

通常の作品単体で有料ラッピングを

選択していただいた場合は

小さい袋でこのような形になります↓

プレゼントを手渡す際

複数でどれがどれだか

分からなくなっては困るので

中身が見えるようにこちらも窓付きです。

 

Toast Clockの大きい方のサイズは

このような形↓

ガラス面が広いので、緩衝重視で

窓はなしです。

こちらは今後もう少し

デザインを展開していきたいと思っています。

 

個人的に過剰包装が苦手なので

シンプルにしたい気持ちがあり

でも、可愛い包みを手にする、開ける瞬間の

ときめきって、ありますよね🎁

 

どちらも捨てがたいので

バランスを大事にしたいと思っています。

 

今日も読んでくださってありがとうございました💖

 

次回は作品の加工作業について

書きたいと思います。

 

 

Share this:




-サスティナブルな世界へ, 作品販売

© 2020 HP HAUS