MIROOM動画レッスン 好きなことを仕事にする

【クラス】fimo原型から作る数種のホイップクリーム

みなさん、こんにちは😃

Suuです。

 

今日は、miroomさんで始まった

新しいレッスンシリーズ、クラスについて。

 

 

最初のレッスンが9月2日に公開となりました。

第一回は

「fimo原型から作る数種類のホイップ」

 

ミニチュアのホイップクリームの作り方を

私自身何年か考えて来ました。

 

市販の小さな口金では

思い通りの太さにならなかったり

絞り出すタイプのホイップ粘土も

硬さが思い通りにならず

角がきれいに立たなかったり…

 

そこで行き着いたのが

トーストのようにクリームも原型から

作る方法。

 

私が大学で専攻していた金属工芸で

原型→型取り→型抜き

という流れの技法をずっとやっていたので

個人的に1番きれいに作れるというのがありますが

 

これはきれいな作品を仕上げる上で

結局1番汎用的な方法だとも思っていますし

 

個人的にきれいな型から

同じものがたくさん生まれて

最後は並べて楽しむのが大好きなので

この作り方を極めていきたいと思っています。

 

 

レッスンでは時折イラストを使って

わかりやすく説明していきます。

 

これも大学で技法や考え方を学んだ際に

教授がよく簡単な図にして解説してくれたのが

細かい実物を指して説明をもらうより

わかりやすかったからです。

 

みなさんにわかりやすく、

どなたにでもきれいな作品が仕上げられるように

工夫をしていきたいですし

 

開講中にいただいたご質問にも

丁寧にお応えしていきますので

わからないこと、上手くいかない部分などあれば

お気軽にご質問ください。

 

1からはじめられる道具付きのキットもあります。

道具はだいたい揃っている、という方も

多いかと思いますが

 

私が先日個人的に購入した粘土ヘラが

なかなかよかったので

追加購入されるならおすすめです。

 

ここに紹介しておきます↓

 

 

私は画像のセットを楽天で購入しました。

Yahooでも同じセットがあるようです。

Amazonだと、類似の内容の異なるセットが

たくさんあるようですが、

青いハンドルで金属の球がついているものと

木のハンドルで金属の小さな先端のもの、

薄い水色のハンドルで金属とシリコンの先端のもの

 

この3種類が使いやすいと感じています。

黒の球体がついているものは

多分私は使わないかな。

 

注意点としては、注文してから手元に届くまでに

3週間以上かかったことと

用途が重複したり、出番があまりないツールも

あるだろうというところですが

 

それでも構わないのであれば

一部のツールは繊細な作業に

とても使いやすいと感じています。

 

 

最後までありがとうございました!

どうぞ、よろしくお願いいたします。

それでは🌱

 

 

 

 

 

Share this:




-MIROOM動画レッスン, 好きなことを仕事にする

© 2021 HP HAUS